おうちに好きな絵画を飾ろう

好きな絵画で機会を引き寄せる「自分に合ったコンクール選び」

子ども時代から、日常や授業等で絵を描いているものです。
学校で制作した作品を「絵画コンクール」に応募するのは、とてもおすすめの挑戦です。
理由は、大人になってからでは「商用性」が強く出てしまい、中々純粋な「芸術絵画」として提示することができないからです。
謙虚な子ども時代にしておきたい経験と言えるでしょう。
例えば、修学旅行のアルバムに絵を描いて、先生が「応募を奨めてくれた」ので試しに挑戦してみると「展示された」といったことは、自然に起こるひとつの出来事であり、まずいいものを作ろうとした結果、イベントが付いてきたタイプです。
一般に、競争好きの人は、色んなイベントに向いていますが、審査する側に規定されてしまいます。
一方、展示を第一に考えないのならば、好きな時に、好きな趣のイベントに顔を出すことができます。
このタイプの良い点は、自分に合ったコンクールを選べる、ということです。
真に応募を目指すなら、競争にとらわれるよりも、「好きな絵」で勝負する方が、メリットが大きいといった考え方があるのです。

絵画のコンクールに挑戦してみましょう

絵画のコンクールは、絵を描くのが好きな人ならば一度は興味を持つイベントではないでしょうか。
様々な種類のコンクールがあり、大人から子供まで可能なものもあれば、年齢ごとに募集を受け付けているものまであります。
また、そのコンクールの趣旨に合った作品であるかどうかも、応募する前に確認すべき点のひとつといえます。
締め切りがまだ先である場合でも、早めに作品作りにとりかかり、余裕をもって応募できるようにすると良いでしょう。
とはいえ、描きたくない時に無理矢理描こうとしても、なかなか自分の納得いく作品にならないということもあります。
あくまで楽しみながら描くことを前提として、作品作りに取り組みましょう。
今はインターネットでたくさんの応募先を探すことが可能です。
その中から気になる募集を見つけてみると良いでしょう。
もしかしたら自分の作品が選ばれるかもしれない、という期待を胸に、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

pickup

宝石珊瑚を高額査定

2018/9/7 更新

トップページ

 

販売

 

展示

 

コンクール

 

修復

 

お問い合わせ

 

Copyright(C) 2015 すばらしい絵画. all rights reserved.